駿河区・葵区の調剤薬局
在宅医療やまうち薬局では、在宅医療に力を入れています。
トップページ > 在宅医療 > 在宅医療とは

在宅医療とはWhat is home health care?

在宅医療とは、医師や看護師、理学療法士などの医療従事者が、自宅や老人福祉施設などの患者さんのお住まいへ訪問して行う医療活動のことです。

薬局における在宅医療

薬剤師が医師や看護師、ケアマネージャーと協力して、より安心の在宅医療・介護をご提供します。

従来の在宅医療では、入院に変わるものといった認識が高く、医師と看護師を中心に、介護担当者やケアマネージャーが連携した在宅医療がされていました。最近では、在宅医療への薬剤師の介入が増えてきています。

薬剤師が在宅医療に介入することで、患者さんや患者さんの家族、介護担当者に対しても薬の服用や効能、副作用についての的確なアドバイスを行うことが可能になります。

より安心できる在宅医療を行うためにも、薬剤師の介入が大切であり、やまうち薬局では、医師や看護師などと協力し、在宅医療に積極的に関わり、薬剤管理指導に基づく患者さんの状態の確認や、療養状態に応じた用法の調整や処方変更などの提案を行っています。

薬剤師の在宅医療をご利用いただくことで、ご家族の負担も軽減します。

ご自身・ご家族の「薬」でお困りのことがあれば、薬剤師がサポートします。

薬の種類が増えて、どの薬を飲んで良いのかわからなくなったり、前にもらった薬がたくさん残っていて、まだ飲めるのかもわからない。薬の効果が出ているのか、副作用が出てしまわないか不安…

お薬を服用するうえで、不安なことはたくさんありますが、薬剤師の在宅医療をご利用いただくことで、聞きたい時にいつでも聞くことができ、専門的な立場からのアドバイスで、不安を取り除くお手伝いができます。

薬のお届けや服用方法のご説明、お薬の管理など、患者さんに無理なくお薬とつきあっていただくために、薬剤師が最適なご提案をさせていただきます。
ご家族の負担や不安を和らげることも薬剤師の役割のひとつです。

薬局に行くのが大変

薬剤師がお薬をお届けします。

薬剤師が定期的にご自宅やご入居先を訪問し、処方箋をもとにお薬をお届けします。
来局に解除が必要な患者さんや付き添うご家族の負担を軽くすることもできます。

どの薬を飲むのかわからない

薬剤師がお薬の管理をします。

朝・昼・夜など、お薬を飲むタイミングごとにまとめ、飲むお薬に迷われないように工夫をします。
お薬ボックスや、お薬カレンダーなどを用いて、飲み忘れや二重服用を防止します。

薬が飲みにくい

お薬の形状の変更を医師に相談します。

服用補助ゼリーを使ってお薬を飲みやすくしたり、服用状況にあわせて飲みやすい財形や調剤方法をご提案します。 薬剤師が直接医師に相談するので、患者さん本人もご家族の方も安心です。

効き目や副作用が心配

薬剤師が効き目や副作用の確認をします。

患者さんの服用状況を確認し、薬の効き具合や副作用がでていないかなどを確認します。必要に応じて薬の種類や用量の調整などを医師に提案します。

飲み合わせが不安

常用薬との飲み合わせにもお答えします。

普段常用されているお薬と、風邪薬や頭痛薬などを一緒に飲まれる時の飲み合わせについても、薬剤師がアドバイスを行います。

薬が溜まってしまった

薬剤師がお薬の整理をします。

以前処方されたお薬が飲み忘れによってたまったお薬を整理することで今後処方されるお薬を減らし、医療費の負担も抑えることができる場合もございます。

在宅医療(訪問薬剤管理指導)をご利用できる方

医師の指示があり、在宅で療養、通院困難な患者さんがご利用できます。

薬局における在宅医療をご利用いただけるのは、医師が在宅医療を必要と判断された方になります。

患者さんのご自宅やご入居されている施設を訪問し、正しい服薬方法をアドバイスしたり、お薬の適切な管理を導く“訪問薬剤管理指導”。やまうち薬局では訪問薬剤管理指導を行っており、豊富な実績もございます。

薬局における在宅医療に関するご質問やご相談はお気軽にお寄せください。