駿河区・葵区の調剤薬局
お薬の知識お薬のしくみや種類、正しいつきあい方について
トップページ > お薬の知識 > お薬とのつきあい方

お薬とのつきあい方How to go out with medicine

お薬の効果や副作用を正しく理解しながら、用法・用量を守ることがお薬とつきあう上でとても大切なことになります。
また、お薬とつきあっていくうえで、薬局薬剤師とのコミュニケーションをとっていくことが今注目されています。

正しい服用のポイント

お薬の効果を安全に、最大限に引き出すために用法・用量や飲み方。

お薬を服用する際には、適切な水の量、正しい服用量、飲むタイミングなど、気をつけたいこともいくつかあります。
用法・用量を守ることで正しい服用ができ、正しい服用を守れば、お薬が持つ効果を安全に最大限発揮できます。

正しいタイミング

お薬には飲むタイミングがあります。お薬によっても異なりますが、朝昼晩の食事に合わせて飲むお薬が最も多く、食前、食間、食後、食直前、食直後、就寝前など、食事のタイミングを基準にした指定方法があります。

また、検査前投与のお薬などでは、「○時間おきに内服」や「○時に内服」といった時間を指定されるお薬もあります。これはお薬の時間を間違えて服用すると、検査ができなくなる場合もあります。

もう一つ、は、症状が出た時にのむ頓服薬(とんぷくやく)と呼ばれる解熱剤や咳止めなどがあります。これはその症状が出た時だけ服用するお薬になります。

どのタイプのお薬でも、医師や薬剤師に指定された飲み方を正しく守ることが大切です。

正しい飲み方

お薬は、コップ1杯(200ml)のお水で服用するのが原則です。

水なしでお薬を服用したり、少ない量の水での服用などでは、効き目が弱くなったり、お薬がのどや食道にひっかかり、食道炎や潰瘍を起こすこともありえますので、薬を服用する際はコップ1杯のお水で飲むようにしましょう。

また、アルコール類やお茶、ジュースでお薬を飲んでしまうと、飲み物に含まれる成分との相互作用でお薬の効果が変わってしまったり、思わぬ副作用を起こす場合もあります。

処方されたお薬は、飲みきることが大切です

1週間分を処方されたら、指定された日数分すべてを飲みきりましょう。

用法・用量どおりにお薬を服用している人は、全体の2割程度と言われています。自分の判断で服用を中止したりしてしまうと、病気が早く治らず、治療が長引いてしまうことも多くあります。

お薬は用法・用量を守ってこそ効果を発揮しますので、処方されたお薬は指定通りにすべて飲みきるようにしましょう。

かかりつけ薬局をもちましょう

薬剤師が、患者さんの薬に関するリスクマネージメントをしてくれます。

お薬を処方される際にお薬に関する説明を受けますが、その時にはわかっていても、お薬を服用していくうえで、不安なことやわからなくなることなどがあると思います。

そんな時に、かかりつけ薬局を持っていれば、いつでも気兼ねなく薬の専門家に相談することができます。
薬剤師は、患者さんやご家族の「薬歴カード(くすりのカルテ)」を作り、薬の重複や飲み合わせのチェックなどを管理してくれるので、お薬とつきあっていくうえでも、とても心強いアドバイザーになってくれます。

薬局はどこにある薬局でも処方箋を受付けてくれます

医薬分業が進んでいない日本では、病院やクリニックに行くと、そのすぐ近くにある薬局(門前薬局)に行かなくてはならないと思い混んでいる方も多いですが、院外処方箋は、どこの薬局に持っていってもいいのです。
患者さんの家の近くや職場の近くの便利なところなど、薬局を選ぶことができます。

ただ、もっとも肝心なのは、親切で気兼ねなく相談に応じてくれる薬剤師のいる薬局を「かかりつけ薬局」に選ぶことです。そしてかかりつけ薬局の薬剤師と長くつきあうことが、賢い薬との付き合い方にもなります。

やまうち薬局では、かかりつけ薬局として患者さんの健康サポートに真剣に取り組んでいますので、かかりつけ薬局をお探しの際には、是非一度ご相談ください。