駿河区・葵区の調剤薬局
患者さんへやまうち薬局から患者さんへお伝えしたいこと
トップページ > 患者さんへ > あなたの街の調剤薬局

お薬手帳Medication notebook

お薬手帳とは、過去にどんなお薬が処方されたかを記録していく手帳のことです。
複数の医療機関を受診する時や、転居した時など、『お薬手帳』を見せるだけで、薬剤師があなたのお薬歴を把握することができます。

お薬手帳のメリット

お薬手帳は、お薬を必要とするときにその効果を発揮します。

お薬手帳は、処方薬をより安心、安全に患者さんにご提供するために役立つ、患者さんのお薬履歴を薬剤師に伝える役割があります。安心、安全な調剤はもちろん、事故や災害時などのもしもの時などにも役立ちます。

お薬をより安全に、安心して服用することができます。
患者さんがお薬手帳を薬剤師に提示してくれることで、薬剤師は患者さんがいままでに処方されたお薬や、薬に対するアレルギーなどを瞬時に把握することができます。そのため、より安心・安全に薬の処方を提供することが可能です。
事故や災害など、もしもの時に備えることができます。
服用中の方や、薬の副作用、アレルギーをお持ちの方は、お薬手帳を常備しておくことで、事故や災害などのもしもの時に備えることができます。旅行先や出張先での急な体調不良等で現地の病院にかかったとしても、お薬手帳があることで、治療、服用のリスクを最小限に抑えることができます。
お薬手帳を活用することで、病院にあまり行かない方も薬をより安全に、適切に使用できる。
普段、病院にあまり行く必要のない健康な方でも、できればお薬手帳は作成しておくことをお勧めします。 市販薬やサプリメント、健康食品との相互作用や重複のチェックもしやすくなることがあり、もしもの時にも役立ちます。
お薬手帳は、医療関係者に伝えたい、自分の健康情報を伝えられる役割があります。
患者さん一人一人について、医師でいうカルテともいうべき薬歴を薬局薬剤師は作成しています。そこに患者さんの薬に関する情報を記録しています。患者さんの状況や、患者さんにお伝えしたこと、調剤で工夫すべきこと、患者さんからの問い合わせへの回答内容、次回処方時への申し送り事項などを記録することで、担当薬剤師が不在の時にも、適切な処方、お薬に関するアドバイスをさせていただくことが可能です。

電子お薬手帳のご紹介

EPARK お薬手帳

全国8,000以上の薬局・ドラッグストアと提携している EPARKお薬手帳は、スマートフォンでお薬管理ができる電子お薬手帳アプリ。ご自身はもちろんのこと、家族の方の分もまとめてこの1つのアプリでお薬の管理ができます。 お薬のデータはクラウド上で管理しているので、スマートフォンが壊れたり、紛失した場合でも、お薬のデータは消えることはないので安心です。

お薬情報は、自動的にお薬データが反映される機能を使えばとっても便利(※対応店舗のみ。初回のみ申請操作が必要) 。自動登録に対応していない薬局をご利用の方でも写真で撮る・薬局で発行されるQRコードを読み込むだけで簡単に登録できる機能もありますので、 全国どの薬局をご利用になってもお薬情報の記録が可能です。

また調剤予約機能(処方せん送信機能)を使うと、薬局からお薬の準備ができた連絡が届きますので、薬局で長時間待つことなくお薬が受け取れます(全国約8,000店舗対応) お薬の管理機能以外にも、便利な機能がありますので是非ご活用ください。

ご利用開始までの流れ
全国約8,000店舗で利用できる処方せん予約を使うことで、薬局での待ち時間を少なくできます。 やまうち薬局でもEPARKお薬手帳による調剤予約も受付けていますので是非ご利用ください。