駿河区・葵区の調剤薬局
患者さんへやまうち薬局から患者さんへお伝えしたいこと
トップページ > 患者さんへ > あなたの街の調剤薬局

あなたの街の調剤薬局Dispensing pharmacy in your city

やまうち薬局は、あたなの街の調剤薬局として、地域の皆さまの健康サポートすることを使命に、お薬に関するご相談に的確なアドバイスを実施しています。
薬剤師と患者さんのコミュニケーションを大切にすることにも薬剤師はじめスタッフ一同取り組んでおります。

かかりつけ薬局とは

もっと身近に、ずっとそばで寄り添う、あなたのかかりつけ薬局。

かかりつけ薬局の薬剤師は、あなたが現在使用している処方薬や市販薬などの情報を把握し、薬の飲み残しや重複、副作用などがないか、1つの薬局で継続的にチェックします。また、薬局における在宅医療として、患者さんの自宅に訪問して健康や薬の相談に対して専門的な立場からアドバイスを行ったり、薬局が開いていない時間帯でもお薬や健康についてご相談いただくことができます。 いつでも気軽に相談でき、信頼できる、地域に密着した薬局をやまうち薬局は目指しています。

かかりつけ薬剤師をもつメリット

あなたの専任薬剤師として、健康をサポートします。

“かかりつけ医”と言うと、体調が悪くなった際に毎回受診したり、何かあれば電話で相談、そういったイメージをお持ちの方も多いと思います。 同じように、 “かかりつけ薬剤師”とは、お薬の服用・管理のことをはじめ、体調や食事の管理など健康全般の相談ができる薬剤師を持つことです。

患者さん自身が、信頼のおける薬剤師を選ぶことが最も大切になり、ご自身が服用しているお薬のことを把握してもらい、薬局の営業時間外(24時間対応)でも、何かあった場合に相談や適切なアドバイスをさせていただきます。

かかりつけ薬剤師は、2016年の診療報酬改定により「っかりつけ薬剤師指導料」という項目が新たに誕生し、正式に「かかりつけ薬剤師」制度がはじまりました。
かかりつけ薬剤師は、ご本人が希望し、書面で同士を交わすことでサービスをご利用いただくことができます。

お薬に関するリスクマネージメント

患者さんのお薬に関するリスクを、薬剤師が管理します。

例えば、持病があり、常用薬を服用している最中に、市販薬などを利用する場合、お薬の飲み合わせによっては、思わぬ副作用を起こしてしまうリスクが存在します。

かかりつけ薬剤師がいれば、あなたのお薬履歴を管理していますので、的確なアドバイスをさせていただくことが可能です。お薬を服用するうえで考えられるリスクを最小限に減らし、お薬の効果をしっかりと得ていただくためにも、是非ご利用いただきたいサービスになります。

やまうち薬局は、担当薬剤師でなくても、患者さんの薬歴や状態を薬局で把握しておりますので、担当薬剤師が不在の際にも、ご相談していたくことが可能です。

かかりつけ薬剤師にかかる費用

かかりつけ薬剤師制度にも、保険が適用されます。

かかりつけ薬剤師サービスを受ける場合、「かかりつけ薬剤師指導料」がかかります。
費用的には200円ほどになりますが、保険によって自己負担額が変わってきますので、詳しくは薬剤師までご確認ください。