駿河区・葵区の調剤薬局
お薬の知識お薬のしくみや種類、正しいつきあい方について
トップページ > お薬の知識 > 調剤明細書と薬剤情報提供書

調剤明細書と薬剤情報提供書Dispensing statement, drug information offer

処方箋による薬をもらう時には、調剤明細書と薬剤情報提供書が薬剤師より患者さんに渡されます。 薬剤情報提供書には、「薬の名前」、「薬の写真」、「効能」などが記載され、調剤明細書には、点数が書かれています。 お薬をもらう時に、しっかりと内容を確認し、不安に思うことやわからないことは、薬剤師に確認するようにしましょう。

調剤明細書の見方

調剤明細書には、お薬の調剤などにかかる費用が区分別に点数で掲載されています。

調剤基本料の違いなどで、薬局によっては同じ薬の処方でも、50点以上変わってくる場合もあります。
患者さんの通われる薬局の特徴と調剤点数についても詳しく知りましょう。ご不明な点は薬剤師までお尋ねください。

薬局でかかる費用(区分)について

薬局でかかる費用として、「調剤技術料」、「薬学管理料」「薬剤料」「特定医療保険材料料」の4つがあります。またこれに加算という項目が加わることがあります。

薬剤料とは

薬そのものの値段が点数で掲載されています。

薬学管理料とは

患者さんへのお薬の飲み方や注意点をお伝えする指導料としてかかる費用です。指導内容によって変動する区分で、例えば、お薬手帳を持っていれば38点、なければ50点と変動します。クローバー薬局の場合、調剤基本料が25点の場合、薬歴管理料は手帳の提示を忘れても変わりありません。

調剤技術料とは

調剤技術料は薬局によって値段が異なります。入場料や初診料、再診料に当たるものが含まれます。

点数は1点=10円で計算

それぞれの項目に点数が書かれています。この点数は、1点が10円にあたり、社会保険、国民健康保険に加入されている方では「合計点数×10円」の3割が自己負担となり、薬局窓口で支払います。

調剤基本料について

調剤基本料は、薬局の規模や業務内容によって異なります。どの病院の処方箋でも受付けている薬局では通常41点、特定の病院の処方箋のみを扱う薬局で25点、というようにだいたいの薬局で上記点数が設定されています。

薬剤情報(薬剤情報提供書)の見方

治療においてお薬の服用方法はとても重要です。

間違った使い方をしてしまうと効果的に使用できなかったり、最悪の場合、健康を害してしまうこともあります。 そのため、薬剤師から患者さまに薬の適切な使用法や、副作用などの情報をお薬をお渡しする際にお伝えしています。

お薬の名前

お薬の名前を記載しております。

お薬の飲み方

朝・昼・夕・寝前に何錠づつ服用するかを記載しております。食前・食後などの表記もございますので、服用前にご確認ください。

お薬の写真

お薬の写真も記載しておりますので、お間違えのないよう、よくご確認いただいてから服用ください。

お薬の効能・効果

お薬の効能・効果を記載しております。

注意事項

お薬を服用する際の注意点・副作用などについて記載しております。「服用後には眠くなるので車の運転は避けましょう」など生活上の注意も記しています。